大好きな夕日なあんも言えない…

大好きな夕日なあんも言えない… #福山神辺

 

仕事帰りの夕日も好き

家に帰って一息ついた時 

この風景です 癒されます

今日一日の出来事 色んな事が

あったがすべて良し(笑)

大好きな夕日なあんも言えない… 

葛原しげるさんが作られた

ぎんぎんぎらぎら夕日が……

神辺町民になり45年余り

大好きな夕日ですね 

葛原先生が誠之館高校の校歌を

作られたそうですよ ネットから

第一校歌
作詞 – 葛原しげる(明治36年卒)、作曲 – 小松耕輔
  1. うるわしの 備南の大地 野に山に 厳たり悠久 季節の推移 花のいろと 雲のかげの しめす誠に 誠の鍵に 神秘の扉 開かずや 学徒われらの使命ぞ新た はえある使命
  2. 澄みわたる 備南の空に 日に月に 凛たり永劫 不易の垂訓 鳥のうたと 風のおとの さとす誠に 誠の声に 真理の韻 ひびかずや 学徒われらの希望ぞ遥か かがやく希望
第二校歌
作詞 – 葛原しげる(明治36年卒)、作曲 – 平井康三郎
  1. 朝日に映えて気高くも 理想をしめすか蔵王山 使命新たに競い起ち 文化の薫いや増すと 今日ぞ磨かむ智性の鏡 福山誠之館高校に 楽しの若人 おゝわれら
  2. 果てなき空を羽搏たかん 自由の翼かわが校章 強く正しくましぐらに 個性の力竭しては 明日の日本を興さんかなや(反唱)
  3. 瀬戸内海のたぐいなく 妙なる眺めわが矜持 遠く七つの大海に 平和の波路かよわせて 永久の歓喜充たさんかなや(反唱)
  4. 夕風澄みてとこしえの 希望をさとすか芦田川 野川谷川集え来て 自律の歩のびやかに 声を協さん自覚の讃歌(反唱)
(現在第二校歌は二番までしか斉唱されない。)

chiyochansan について

夫ひとり 息子2人 孫4人 嫁ちゃん 2人
カテゴリー: 雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください