今日は(7/29)は弟の誕生日

昨年に書いたものを入れておこう

自分の日記なので…

 

10.おとうと
この日は弟の62回目の誕生日でした
朝一番におめでとうコールをする 丁度仕事に行く車中でした
少し照れくさそうに「わざわざ電話せんでもええのに」と言った
私とは8歳離れた弟です 彼が小学5年生の時就職で家を出ました それから結婚と
あまり触れ合いは無かった弟ですが両親も亡くなり、私も古希を迎えて一日でも長く
お互いが元気で居れる様にと切に思うこの頃です
昭和32年7月でした 私たちは岡山の長屋にすんでいた
隣の声は筒抜けでしたが向こう三軒とても仲良しでしたね やっと二人目の子供を授かっ
た両親はやきもき予定日を2週間も過ぎていた ちなみに私と弟の予定日は一緒でしたが
私は早く生まれ、弟は2週間遅れた
いよいよ母の陣痛が始まった 父さんは近くの工場で働いていたのですぐに帰って来た
自転車の後には産婆さんをのっけていました
今では考えられないような光景です
さぁ お産の始まりだ 子どもは外に出ていなさいとの事
じっと窓ガラスの枠に耳をつけて中の様子を伺っていたのを思い出した
ドキドキしながら妹かな弟かなそんな事を考えながら…
どれくらいたったろうか 外は暗くなっていた 「オギャー」と元気な声が。
家に入ってもいいよとの声で飛んでいった 「弟だよ」と。
さすが2週間も長くお腹にいただけに丸々と太って真っ黒い髪は
肩まであった 父さんが異常に喜んでいたのを覚えている
後から聞いた話では私の時は「あぁ 女かぁ」といったそうな 
今回は「男を産めよ」との事でしたので母も肩の荷がおりたでしょうに。
それ以来私の記憶ではとうさんはいつも弟をおんぶして歩いていた
冬にはねんねこ伴てんでおんぶして歩いている思い出がある
余程嬉しかったのだろう どの写真を見ても弟をおんぶしている
その弟も3人の孫のおじいちゃんとなり元気でなにより。
父母も天国に行ってしまった 弟には何が何でも元気でいてもらわねば。

 

chiyochansan について

夫ひとり 息子2人 孫4人 嫁ちゃん 2人
カテゴリー: ぼやき, 投稿記事, 日記です, 楽しい事 不思議な事一杯, 雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください