西宮神社の今年の福男はなんと!(1/10)

 

 

今年の福男さんはなんと!

福山市の消防士さんでした!

あっぱれ!! ようやってくれ

ました 福が一杯やって来る

そして周りの人にも福を授けて

くれるでしょう 私も何度か

西宮神社に行った思い出あります

面白い事だけブログに書きま〜す

追々に…

ネットで調べて見ました

福男(ふくおとこ)

昭和十五年頃から、本殿下へ早く到着した順に一番から三番までがその年の福男として認定されるようになり、現在は認定証・御神像・副賞そして特別の半被が授与されます。

開門神事・福男の副賞

一番福・えびす様の御木像(大)、えべっさんの酒菰樽、えべっさんの米1俵、半被

二番福・えびす様の御木像(小)、えべっさんの米1俵(60kg)、半被

三番福・えびす様の御金像、八喜鯛(焼き鯛)、半被

福男歴代名

何と!大正10年から昭和13年まで

ずーーーーーーと 田中太一さんですね

どんな人なんだろう?

田中太一さん 抜粋しました

1年365日欠かさず、西宮神社に参拝し、門前や参道の掃除までした材木商の田中太一なる人物は、記録が残っているかぎり大正10年(1921年)から昭和13年(1938年)まで、開門神事が行なわれなかった昭和10年を除いて、なんと16回も一番福になっているのである。それ以外にも、この開門神事では多くのドラマが繰りひろげられてきたが、過去80年間に及ぶ歴代福男の記録を見ると、たいていは、一度、福男になると3~4年間は、連続して一番福になるようである 省略

 

 

 

chiyochansan について

夫ひとり 息子2人 孫4人 嫁ちゃん 2人
カテゴリー: 雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください